読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳からのリラクゼーション店長奮闘記

株式会社チェンジ・ザ・ワールド リラクゼーション&ボディケアあんべいの

最高のコミュニケーションスキル

来週土曜日12/17は

イベントに出店します。そして!

最高のコミュニケーションスキル

「肩もみ」ワークショップを開催!

f:id:kb-com:20161209210702j:image

肩もみって

みなさん一度はした事ありますよね??

お母さんお父さん、おばあちゃんに頼まれたり

彼女彼氏に頼まれたり、

ありませんか?

誕生日プレゼントに肩もみ券あげたりとか笑

やってもらう派~なんて人もいますが、

実は肩もみ(マッサージ・揉みほぐし)は皆さんの

生活の一部にごく当たり前のように存在していて

誰もがやったりしてもらったりと経験があります。

大体が疲れがたまってたり、だるさが出ている時に

お願いされたりしますよね。

相手は喜んでくれるし、お母さんやお父さん、

おばあちゃんなら、おこずかいなんて貰えちゃったりするかもしれません。笑

 

肩もみって喜ばれるし、ケアもできるしいい事

ずくし!!ですね。

 

ですが、

 

ここからが重要です。

 

実はお客様と話していると、辛い時にパートナーにしてもらうこともあるようなのですが、

本心は

物足りないm(_ _)mです。

本当に疲れていたり、筋肉が緊張しすぎている人は

かたすぎて、何も感じなかったりします。

また力任せで揉むことで痛たくなったりします。

そしてまどろっこしくてストレスも溜まって

しまいます。

そして、肩もみしている方も、

どこを触ればいいかわからないし、手は疲れるしと

あまりやりたがらなくなります。

 

これ実は手押し(手の力で揉んでいる事)や、

基本的な施術方法を知らないのでこうなります。

(素人なのでそりゃそうです)

 

でもですね、本当にちょっとした事を知るだけで

全然変わってきます。そして疲れません。

「大切な人に何かしたい」って想う気持ちと

施術方法を知る事、お互いを思いやる気持で

肩もみは最高のコミュニケーションスキルに

変わります。

 

家族から大切な人からケアされるってすごく安心

しますし素直に嬉しいですよね。

僕自身もなかなか時間がなくてケアができないお客様の事を考えると、家族の誰かが少しでもケアできればなぁっと常に思います。

できれば、メンズの皆さん!!是非参加してください!!!奥様は家でも料理を作ってくれたりお仕事をしています。肩もみを覚えて是非ケアしてください!!

ご予約お待ちしてます(^∇^)

12/17(土曜日)

1回目:11:00~12:00
2回目:18:00~19:00
定員6名 予約制
参加費:1,000円
持ち物:フェイスタオル持参
中高生無料(対象は中学生以上)
予約締切:12月16日18:00まで
・疲れない揉み方~施術コミュニケーション
そして狙うポイントから実践!
初級編なので未経験の方大歓迎です。
少しでも興味があればお友達とご一緒に是非ご利用ください。

※当日は参加者全員と施術練習などします。